プロフィールストーリー 第五章「偶然か必然か。師匠との出会い」

アフィリエイトを始めたが、稼げる様子も無く、右往左往していた。

 

周りからは

 

「真面目に身体使って働いた方がいいんじゃね?」

 

とか

 

「そろそろ目を覚まそうか。」

 

などと言われ、

 

「アイツはおかしくなった。」

 

と思われていたと思う。

 

 

 

そんな中、大きな転機が、なんの前触れも無く訪れた。

 

転機

 

 

 

 

 

 

僕はネットビジネスを始めてから、ネットビジネスで十分な収入を得ていて、自由に過ごしているという人のブログを毎日読んでいた。

 

 

具体的なノウハウはブログには書いていなかったけれど、ブログに書かれた言葉には自信と力が溢れていて、僕はそのブログの管理人を勝手にメンター扱いしていた。

 

 

感動したブログ記事には必ずコメントをし続けていた。メッセージも何度も送った事があった。

 

 

返信は来たり来なかったりだったけれど、アフィリエイトを続けていくうえで、モチベーションの維持に非常に助けられた。

 

 

 

そして、窮地にあった僕は、当時の心境と置かれた状況について、5000文字くらいの超長文メールを送った。

 

 

普通だったら気持ち悪がるような事だと、今更ながら思う。

 

 

 

すると、短い文章で返信が来た。

 

 

 

スカイプのIDと「良かったら連絡どうぞ。」という二つだけだった。

 

 

 

僕は急いでスカイプをインストールして連絡を取ろうとした。

 

 

 

タイミングが悪かったのか、僕からの最初のコンタクトは取れなかったが、その日の夜に、向こうからスカイプで連絡が来た。

 

 

 

カメラをオフにした状態だったから、最初、顔はわからなかった。

 

 

 

「メール読んだよ。随分苦戦してるみたいだね。……あ、あと、いつもコメントありがとうね。」

 

 

という最初の言葉は今でも覚えている。

 

 

最初の日は、僕の現状の説明と相談だけで3時間は話した。

 

 

 

そして、最後に

 

「……そうだね。弟子は取るつもり無かったんだけど……なってみる?俺の弟子に。

 

……と言っても、俺も弟子取ったこと無いから、具体的に何すりゃいいのかよくわからんけど、

 

君よりはこの業界に詳しいし、実績もあるから色々教えてあげられると思うよ?」

 

 

 

僕は二つ返事で「是非!」と答えた。

 

 

 

勝手にメンター扱いしていたのが本当の師匠になってくれたのだ。

 

 

 

そして、その日の深夜から講義が始まった。

 

講義

 

 

僕に足りないもの、稼げない理由などといった事から、具体的なノウハウを教えてもらった。

 

 

 

第六章「師匠からの講義の日々」に続く!

 

 

サブコンテンツ

管理人

管理人

こんにちは
「情報商材斬り抜刀斎」と申します。                  

僕は今でこそ、自由に生活するには十分な稼ぎをネットビジネスで得られるようになりましたが、そうなるまでが決して楽だったわけではありません。             
同様の「情報商材のレビューサイト&ブログ」系の管理人さん達同様に、数々の駄目商材やクズ商材、詐欺商材に騙されたという経験があります。     
人は、余裕が無い時こそ判断力が鈍り、そんな時を狙っている詐欺師がわんさかいるのでした。              
「貧すれば鈍する」とはよく言ったものです。当時の僕は、まさにそうでした。       

騙され続けた経験から学んだことは              

「まだ未発達であるこの業界には悪意を持った詐欺師が沢山いること」           
「そんな詐欺師に騙される何も知らない人が山程いるという現実」              

そして             
「騙されることの悔しさと悲しさ」
              です。              
綺麗ごとに聞こえるかも知れませんが
「僕と同じような思いはしてほしくない。」
という想いで、このブログを始めました。           

詳しくは
「自己紹介(プロフィールストーリー)」
をご覧ください。

このページの先頭へ