豪腕ディーラー われめ産業ビジネス 小林よしのり 株式会社collect 詐欺 口コミ 評価 評判

豪腕ディーラー われめ産業ビジネス 小林よしのり 株式会社collect 詐欺 口コミ 評価 評判

われめ産業ビジネス

◆豪腕ディーラー われめ産業ビジネス 小林よしのり 株式会社collect 基本情報

・販売会社:株式会社collect

・運営責任者:小林よしのり

・住所:東京都港区青山4-9-19

・電話番号:03-6447-4547

・販売URL:http://sukima-b.com/lp/3/index.php

 

★豪腕ディーラー われめ産業ビジネス 小林よしのり 株式会社collectの口コミは? 評価は? 評判は? 詐欺? 暴露レビュー

評価:販売会社に注意!信用性に欠けるダメオファー

 

以前の「おしゃべりツール」でも言いましたが「株式会社collect株式会社サイバー」です。

 

せどりや転売系のノウハウに悪評が付いてきたからか、今回はFX関連のノウハウで仕掛けてきましたね。

 

運営責任者の名前が「小林よしのり」と言っても漫画の「おぼっちゃまくん」の作者とは無関係です。

 

このノウハウを使って稼いで「リアルおぼっちゃまくん」になれるとでも言いたいのでしょうか?

 

オファーページの売り文句にある「1日で40億円以上の取引をした豪腕ディーラー」の言葉。

 

われめ産業ビジネス」の名前の由来はFXにはシステム上の「われめ」が存在しており、そこを的確に突けば負ける事は無い。という事らしいですが……。

 

さぞ、スリリングな取引場面の動画を証拠として見せてくれるんだろうなと、まぁ、大して期待はせずにアドレスを登録して送られてきた動画を見ました。

 

コレです。

まぁ、予想通り、引っ張るだけ引っ張って、残念な結果でした。動画は1.5倍速で流して見ましたが時間返して欲しいです。

 

内容をざっくりと説明すると、小林よしのり氏の言う「われめ」が出たところで、通知メールが送られてきます。その通りに買えば儲かるよ、というもの。勝率8割だよ、とのこと。

 

僕が見たかったのは「本当に3億円とかの金額を取引して勝ちました!どうですか?」というものでした。勝率8割なら見せられるはずです。

 

「過去に1日で40億円以上取引しました。」なんて事は言うだけなら誰でも言えます。証拠を出さないのであれば尚更。

 

胡散臭さの緩和と、再現性への言い訳の為か「過去6年半の間で3回だけ負けた事があります。」と保険をかけた物言いをしています。

 

バックエンドとしてはFXの自動売買ツールFXの高額塾が待ち構えているでしょう。

 

「通知メールを開いて読んでからの買い対応しても遅いですよ。ですが、このツールを使えば、即座にそれらを自動でやります。あなたはほったらかしでいいんでしゅ。へけけっ」

 

とか

 

「FXに存在する『われめ』を学習すれば、今後ツールに頼らずに稼げるようになるぶぁい!これからの事を考えたら、この塾に入って『われめ』について勉強すべきぶぁい。」

 

って感じでしょう。(最後おぼっちゃまくん口調でしたが、ユーモアです。悪しからず。)

 

そもそも、なんの根拠も証拠も公表していません。信じるに値しないでしょう。

 

以上の事から「豪腕ディーラー われめ産業ビジネス」を「販売会社に注意!信用性に欠けるダメオファー」に認定します。

サブコンテンツ

管理人

管理人

こんにちは
「情報商材斬り抜刀斎」と申します。                  

僕は今でこそ、自由に生活するには十分な稼ぎをネットビジネスで得られるようになりましたが、そうなるまでが決して楽だったわけではありません。             
同様の「情報商材のレビューサイト&ブログ」系の管理人さん達同様に、数々の駄目商材やクズ商材、詐欺商材に騙されたという経験があります。     
人は、余裕が無い時こそ判断力が鈍り、そんな時を狙っている詐欺師がわんさかいるのでした。              
「貧すれば鈍する」とはよく言ったものです。当時の僕は、まさにそうでした。       

騙され続けた経験から学んだことは              

「まだ未発達であるこの業界には悪意を持った詐欺師が沢山いること」           
「そんな詐欺師に騙される何も知らない人が山程いるという現実」              

そして             
「騙されることの悔しさと悲しさ」
              です。              
綺麗ごとに聞こえるかも知れませんが
「僕と同じような思いはしてほしくない。」
という想いで、このブログを始めました。           

詳しくは
「自己紹介(プロフィールストーリー)」
をご覧ください。

このページの先頭へ