「働かざる者食うべからず」は、半分は正解だけど、半分は間違っている。

「働かざる者食うべからず」は、半分は正解だけど、半分は間違っている。

引用:ドラえもん 作者:藤子・F・不二雄

 

こんにちは。情報商材斬り抜刀斎です。

 

最近は、新しい仕組みづくりに着手していて、比較的作業時間を設けています。

 

仕組みを作る時は全力で働いて、休む時は全身全霊全力で休む、遊ぶ。

 

と言うスタイルで生活できるのが最高ですね。

 

「今日は「働く」か、「働かない」か……。」という事も自分で決められる生活です。

 

 

さて、今回は

『働かざる者食うべからず』は、半分は正解だけど、半分は間違っている。

と題してお話ししようと思います。

 

 

 

子供の頃からの教育で、誰しも一度は聞かされたことがある「教訓」で

 

「働かざる者食うべからず」

 

と言うものがありますね。

 

「怠けて、何もしない者は飯を食う資格はない」

 

という事を伝えようとしている言葉ですね。

 

 

 

ですが、現実では、一日のうち「働く」という行動を全くしていないのに、普通に飯を食っている人が沢山います。

 

それは、日本という国が豊かだからという事だけではありません。

 

本当に何もしていない消費豚のニートはいずれ困窮します。

 

 

子供の頃に読んだことのある「アリとキリギリス」です。

アリとキリギリス

「アリとキリギリス」の話では、怠け者のキリギリスは最後に餓死してしまいますが、

 

現実では、餓死せず、いつまでも楽しく遊んでいるキリギリスがいます。

 

 

さて、餓死するキリギリスと、毎日遊んで暮らし続けられるキリギリスの違いは何か?

 

について、お話しします。

 

とても重要なお話です。

 

「働かざる者食うべからず」は、半分は正解だけど、半分は間違っている。

 

 

先に、半分だけ答えを言うと、

 

それは「価値を生み出しているか、いないか。」という事です。

 

 

「餓死キリギリス」は、なんの価値も世の中に生み出さず、消費者として遊び続けていたから、餓死する運命なのです。

 

 

対して、ずっと遊んでいられる「裕福キリギリス」は、

何かしらの「価値」を生み出し、

仕組みによって、自動的に世の中に価値を提供し続けているから遊び続けていても、報酬が入ってくるので、楽しい毎日を過ごしていられるのです。

 

ここで大切なのは、価値を提供し続けられる「仕組み」の構築です。

 

仕組み

 

「裕福キリギリス」は皆例外なく、コレを持っています。

つまり、現実世界のお金持ちは、皆持っているということです。

 

 

ただ「価値提供」をすれば良いということではありません。

 

「価値提供」と「仕組み」の両輪が大切です。

 

 

こういうことです↓

「価値提供」をするために「働き続ける」……アリ(大半の人間)

「価値提供」をせずに、いずれは「餓死する」……餓死キリギリス(完全な消費豚のニート)

「価値提供」をし続ける「仕組み」を持っている……裕福キリギリス(自由なお金持ち)

 

 

「餓死したくないなら、働くか、仕組みを作るか」

 

make or work or die(作るか、働くか、死ぬか)」

 

です。

 

つまり、

「働かざる者食うべからず」ではなく

 

「価値を生み出さざる者食うべからず

 

なのです。

 

 

ビジネスは、ネットだろうと、リアルだろうと、

結局は「価値と価値の交換」です。

 

 

それが、ネットを使えば、

経費を最小限に出来て、

しかもツールによって仕組み化もリアルより簡単で、

ビジネスの範囲は全世界という大きすぎる利点があるので、

大きく、安定して稼ぎ続けることが可能なのです。

 

 

ネットビジネスで稼いでいる人は、現在では、結構な数います。

 

ですが、その中には

「1日でも作業をサボったら収益が激減してしまうので、毎日作業をする。」

という「労働型」の人もいます。

まぁ、それでも、ブラック企業経験者の僕から見れば、ブラック企業に勤め続けているより全然マシですけど。

 

労働型

 

対して

「1週間くらい温泉にでも行くか。一応パソコンは持っていくけど、売上のチェックくらいにしか使わないだろうな。スマホでも出来るけど、一応持っていこう。」

という「不労所得型」の人もいます。

 

リゾート

 

後者は、「自動収益の仕組み」を構築した人です。

 

 

そういう人は、仕組みを作って、その仕組みを回し始めて、収益が出始めたら、ぶっちゃけヒマです。

 

暇だから、次の仕組みを作ります。

そうすると、さらに収益が増えて、お金を稼ぐ為の作業、労働時間が減ります。

つまり、また暇になるのです。

そして、また仕組みを作ります。

 

この繰り返し、この「正の循環」「裕福なキリギリス」になるのです。

 

 

しかも、自分が作った仕組みが回り始めて収益が出始めると、すごく充実感があります。

 

ですので「仕組みづくり」を「苦しい労働」とは思わないのです。

 

 

それこそ、慣れてきたら「仕組み作り」は「遊び感覚」だという人もいます。

 

遊び感覚

「今度の仕組みは上手く行くかな?」

 

という感覚で、「トライ&エラー&改善」をして、キャッシュポイントをどんどん増やしていくのです。

 

そして、どんどんスキルは磨かれ、稼ぐ力が付いていくのです。

 

 

もう一度言います。

 

「価値提供」と「それを自動化する仕組み」が重要なのです。

 

 

「働いていなくても価値提供が出来ているのであれば、働かなくても良い。」

 

と言うのが、僕の考えです。

 

つまり、

「働かざる者食うべからず」

ではなく、

 

「価値を生み出さざる者、食うべからず」

 

です。

 

 

以上が「『働かざる者食うべからず』は、半分は正解だけど、半分は間違っている。」でした。

 

 

ちなみに、僕は登録無料のメルマガ講座で、

日々の生活を全て自分で決められる自由な暮らしを得てもらうために、

 

まずは

「情報弱者で初心者の脱却」

「最初の仕組み作り」

「稼ぐ為の『地力』の習得」

 

をテーマに最後まで完全に無料でマニュアル付きでお教えしています。

 

今の生活に全く不満はないという人には退屈な内容の講義でしょうが、

 

もしも、僕の言う「自由な暮らし」に興味がある方は、メルマガ講座に登録してみて下さい。

 

 

ネットビジネスについて知りたい。ネットビジネスをしているが稼げていない。という人はこちらにある記事を読んでみて下さい。(「ネットビジネスのいろは」のカテゴリーページです。)

また、僕のメルマガ講座ではブログではお話ししていない、もっと具体的なネットに「資産」とも呼べるキャッシュポイントを構築するノウハウについてマニュアルをお渡ししながらお教えしています。

今回はこれで失礼します。

参考になりましたなら、クリックして応援の程よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングバナー

ブログの殿堂

↑ クリックして応援よろしくお願い致します。

感想やご質問などありましたら、お気軽にご相談ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

お問い合わせはこちら

情報商材斬り抜刀斎

メルマガ登録者さんへの無料プレゼント!

「ノウハウより重要!ネットビジネスを始める前に必ず知っておくべき3つのこと」

「小手先のテクニックでは無意味!コピーライティングの本質である3つのポイント」

無料レポート表紙

※無料レポートスタンドのxamで新着ランキングにランクインしました。

4位

表紙:小手先のテクニックでは無意味!

このレポートは、

僕が実践済みの再現性のあるネットビジネスの始め方からシステム構築させ、

システムが回り始めるまでのノウハウを、最後まで本当に無料で教えるメルマガ講座

「情報商材斬り抜刀斎からの稽古」

を受講する前に、受講者の方全員にお渡ししている無料レポートです。

リアルビジネスでもネットビジネスでも変わらない、ビジネスを始めるにあたって、

知っておかなかければならない3つのことをお伝えしているレポートです。

このことを知って起業するのと、知らずに起業するのとでは、

結果も成果も、スピードも、効率も大きく差がつきます。

申し込みはこちら※入力は「ハンドルネーム」と「メールアドレス」だけで大丈夫です。

※役に立たないと思ったら、いつでも登録解除できます。

※ご登録頂いた方には上記したレポートを全て無料で差し上げています。

※有料レベルのマニュアルなどをお配りしますので、普段お使いのメールアドレスでのご登録をお奨めします。

※あなたのプライバシーは厳守します。個人情報の外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

サブコンテンツ

管理人

管理人

こんにちは
「情報商材斬り抜刀斎」と申します。                  

僕は今でこそ、自由に生活するには十分な稼ぎをネットビジネスで得られるようになりましたが、そうなるまでが決して楽だったわけではありません。             
同様の「情報商材のレビューサイト&ブログ」系の管理人さん達同様に、数々の駄目商材やクズ商材、詐欺商材に騙されたという経験があります。     
人は、余裕が無い時こそ判断力が鈍り、そんな時を狙っている詐欺師がわんさかいるのでした。              
「貧すれば鈍する」とはよく言ったものです。当時の僕は、まさにそうでした。       

騙され続けた経験から学んだことは              

「まだ未発達であるこの業界には悪意を持った詐欺師が沢山いること」           
「そんな詐欺師に騙される何も知らない人が山程いるという現実」              

そして             
「騙されることの悔しさと悲しさ」
              です。              
綺麗ごとに聞こえるかも知れませんが
「僕と同じような思いはしてほしくない。」
という想いで、このブログを始めました。           

詳しくは
「自己紹介(プロフィールストーリー)」
をご覧ください。

このページの先頭へ