ネットビジネスも人生も長距離マラソン

マラソン

 

こんにちは、情報商材斬り抜刀斎です。

 

3つもブログを別々の名前で運営していると、時々混乱します。

 

ボケ防止には丁度いいかもしれません。……まだそんな歳ではありませんが。

 

さて、今回は「ネットビジネスも人生も長距離マラソン」についてお話しします。

 

短いと思っていたら、実は長い。

 

長いと思っていたら、実は短い。

 

世のなかはそんな事ばかりですね。

 

 

ネットビジネスも人生も長距離マラソン

 

ネットビジネスというビジネスは、正しいマインド、正しいノウハウ、正しい手法で行えば、

少額の初期投資で、短期間のうちに人生大逆転が可能な唯一の方法と言っても過言ではないでしょう。

 

事実、副業として始めて数か月で本業以上の収入を手に入れる人も少なくありません。

 

リアルビジネスの起業では、まず考えられないことですが、ネットビジネスではそれが可能です。

 

それは「インターネット」という通信手段が一般化されている現代ならではの話です。

 

アメリカンドリームよりもよっぽど現実的な「ネットドリーム」です。

 

夢は叶う

 

今までは「雇われて働く」か「小さくないリスクを背負って起業する」が一般的な選択肢でしたが、

インターネットがインフラとなった現代では、「ネットビジネス起業」という新たな選択肢が生まれたのです。

 

ですが、その反面のネットビジネスの闇の部分の話をします。

 

ネットビジネスで成功したことのある人が向かう分かれ道。光と闇

 

 

ネットビジネスで物凄い勢いで稼げるようになった人が、物凄い勢いでこの業界から消えていくことも現実としてあります。

 

ちょっと前までは「トップアフィリエイター」として、活躍していたアフィリエイター達の過去の栄光の残骸とも言える、長期間更新されていないブログやサイトがネットの海には沢山漂流しています。

 

セミナーなどに参加すると、

「以前は月に100万円以上稼いでいたのだけれど、急に稼げなくなった。」

というような人が沢山います。

 

過去のトップアフィリエイターが、今はコンビニのレジ打ちバイトをしているという事は珍しくありません。

 

 

一時的に稼ぐことよりも、「稼ぎ続ける」という事はとても難しいのです。

 

 

100メートルだけを全力疾走するのではなく、長距離マラソンを走るかのように先を見据えてペース配分をしながら走ることが大切です。

 

生活が苦しいような状況でしたら、とりあえずは一時的にでも稼げるようになることは必要ですが、生活が安定してきたのであれば、

 

一時的の稼ぎだけでは無く、「今後も稼ぎ続けられる方法」について考え、行動をするべきです。

 

これをするか、しないかが短期的にしか稼げない人と、長期的に稼ぎ続けられている人との大きな違いです。

 

 

副業として始めて、副業として続けている人ならまだしも、独立して専業として始めたのであれば、

誰から理不尽に怒られることは無くなりますが、誰からの保護もありません。

 

極端な事を言えば

 

 

「死ぬまで安心して生活するためには、収入がゼロにならないようにする必要がある。」のです。

 

 

その為には、何度も言う様に「仕組み化」が必要不可欠です。

 

「仕組み化」の他にも必要な事については、この記事で詳しくお話ししています。

 

自分が寝ていても、遊んでいても、怪我や病気で入院していてもお金を生み出し続けてくれる「仕組み」をつくることが大切です。

 

 

「仕組み」は、一時的な収入よりもよっぽど価値のある「資産」です。

 

 

一時的な大きな収入に目がくらみ、信用を失って、稼げなくなったアフィリエイターを沢山見てきました。

 

「信用」はネット、リアル関係なく共通してビジネスには最重要なものです。

 

ある程度、生活が出来る様になったのであれば、空いた時間からでも「資産」となる「仕組み」を作る努力をするべきです。

 

キャッシュポイントを増やす努力をすべきです。

 

しっかりとしたマインド、ノウハウ、手法で行えば、すき間時間での活用でも、長くかかっても1~2年で一つは出来上がります。

 

しっかりやれば、それこそ3~6か月で出来上がる人もいます。

 

 

 

知識の吸収も重要です。

 

ネットビジネスで稼いだ収入は、出来るだけ教材や気になったツールなどに投資する必要があります。

 

知識が増えれば増えるほどに、稼ぐのは簡単になっていきます。

 

「利率が最も良い投資先は自分自身。自己投資こそ最大の優良投資先である。」

と言われる由縁です。

 

読書

 

この事を念頭に行動をしていると、いつの間にか不安が無くなっています。

 

自分を成長させることに余念がない人は、一度稼げるようになればその後も稼ぎ続ける事は容易なのです。

 

 

ネット、リアルに関係なく共通してビジネスをする上で、長期的に、安心して安定した収入を得たいのであれば

 

 

「短期的利益ではなく長期的利益を優先すること」 

(短距離走では無く、長距離走)

 

「得られた利益は次の利益の為に投資すること」 

(長距離走の途中の水分補給)

 

「自分を成長させるものにはお金を払ってでも学ぶ」 

(長距離走を走り切る為のトレーニング)

 

ということが必須です。

 

 

ビジネスとは「投資」と「回収」によって運営されます。

 

 

アフィリエイトで稼げない人が多いのは「無料」に固執してやっているからです。

 

 

その間違ったマインドを払拭した上で、「資産」となるブログの作り方を学びたいという方は僕のメルマガ講座にてお教えしています。

 

興味がありましたら、ご登録下さい。

 

 

 

こちらの記事には今からネットビジネスを始めるという方に、まずお奨めの方法についてお話ししています。

 

また、ネットビジネスについて知りたい。ネットビジネスをしているが稼げていない。という人はこちらにある記事を読んでみて下さい。

 

また、僕のメルマガ講座ではブログではお話ししていない、もっと具体的なネットに「資産」とも呼べるキャッシュポイントを構築するノウハウについてマニュアルをお渡ししながらお教えしています。

 

 

 

以上が「ネットビジネスも人生も長距離マラソン」でした。

 

 

今回はこれで失礼します。

 

 

参考になりましたなら、クリックして応援の程よろしくお願い致します。

ブログランキング

↑ クリックして応援よろしくお願い致します。

 

 

感想やご質問などありましたら、お気軽にご相談ください。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

お問い合わせはこちら

 

 

情報商材斬り抜刀斎

 

 

無料プレゼント!「ノウハウよりも重要!ネットビジネスを始める前に必ず知っておくべき3つのこと」

無料レポート表紙

※無料レポートスタンドのxamで新着ランキングにランクインしました。

 

4位

 

 

このレポートは、

僕が実践済みの再現性のあるネットビジネスの始め方からシステム構築させ、

システムが回り始めるまでのノウハウを、最後まで本当に無料で教えるメルマガ講座

 

「情報商材斬り抜刀斎からの稽古」

 

を受講する前に、受講者の方全員にお渡ししている無料レポートです。

 

リアルビジネスでもネットビジネスでも変わらない、ビジネスを始めるにあたって、

知っておかなかければならない3つのことをお伝えしているレポートです。

 

このことを知って起業するのと、知らずに起業するのとでは、

結果も成果も、スピードも、効率も大きく差がつきます。

 

申し込みはこちら※入力は「ハンドルネーム」と「メールアドレス」だけで大丈夫です。

※役に立たないと思ったら、いつでも登録解除できます。

※ご登録頂いた方には「ノウハウよりも重要!ネットビジネスを始める前に必ず知っておくべき3つのこと」のレポートを無料で差し上げています。

サブコンテンツ

管理人

管理人

こんにちは
「情報商材斬り抜刀斎」と申します。                  

僕は今でこそ、自由に生活するには十分な稼ぎをネットビジネスで得られるようになりましたが、そうなるまでが決して楽だったわけではありません。             
同様の「情報商材のレビューサイト&ブログ」系の管理人さん達同様に、数々の駄目商材やクズ商材、詐欺商材に騙されたという経験があります。     
人は、余裕が無い時こそ判断力が鈍り、そんな時を狙っている詐欺師がわんさかいるのでした。              
「貧すれば鈍する」とはよく言ったものです。当時の僕は、まさにそうでした。       

騙され続けた経験から学んだことは              

「まだ未発達であるこの業界には悪意を持った詐欺師が沢山いること」           
「そんな詐欺師に騙される何も知らない人が山程いるという現実」              

そして             
「騙されることの悔しさと悲しさ」
              です。              
綺麗ごとに聞こえるかも知れませんが
「僕と同じような思いはしてほしくない。」
という想いで、このブログを始めました。           

詳しくは
「自己紹介(プロフィールストーリー)」
をご覧ください。

このページの先頭へ